ブロワーについて

浄化槽【ロータリーブロワー】維持管理方法解説!

ロータリーブロワーの点検方法を解説します。機械はメンテナンスが重要です!

今回紹介するブロワーの型番は、ロータリーブロワーFD-300Sです。

吐出空気量は(300ℓ/分)です。

一般家庭用のブロワー維持管理解説はこちら

外観はこのような感じです。

まず異音がしてないかを確認します。

ガリガリと音がしていると、ベアリンングかオイルが回っていなく焼き付いている可能性があります

フィルター掃除

電源をOFFにし、ベルトが切れていないかを確認し上部のフィルターカバーを外すと、フィルターが入っているのでフィルターを清掃します。

¥1,000 (2022/07/19 06:47時点 | Amazon調べ)

フィルターの清掃が終わると写真のように溝をしっかり合わせフィルターを元に戻します。

いなジョー

ここは雑になりがちなのでしっかり合わせましょう!

本体にオイルが回っているかを確認

フィルターの受け皿部分を、反時計回りに回すと取り外し可能なので外します。

画像では真っ黒で中が見えていませんが、実際は中が見えるので手でベルトを回しながらオイルが全体的に回っているか確認します。

見分け方は、オイルが回っていると中がキラキラと濡れているので分かります。

オイルが回っていない場合だと全く濡れていません

オイルゲージ確認

続いてはオイルチェックです。
ゲージの間にオイルが入っていればOKです。基本的に満タンにしましょう。

点滴ノズルの確認

全てを元に戻したら電源を入れ、点滴ノズルからオイルがポタポタ落ちるかを確認します。

オイルの落ちる速度が早過ぎるとオイルの消耗が早くなってしまいます。遅すぎるとブロワーが焼け付く原因になってしまいます。

下の動画は新規のロータリーブロワーでオイルの落ちる速度が分かります。

ネジの溝清掃

もしオイルの落ち具合が遅い場合は、汚れやゴミが詰まっている可能性があります。

電源を入れ、写真のようにネジを緩めてオイルが回っているか、滲(にじ)んでいるかを確認して下さい。

もし回っていない場合は電源を止め、ネジ溝をプラスドライバーで外し、ネジ溝をブラッシングしてください。

ネジの溝をオイルが通っています!

ストレーナー掃除

これでもまだオイルが回らない場合は、ストレーナーが詰まっています。

ストレーナーとは簡単にいうと汚れをろ過するフィルターです。

ストレーナーを外すと、オイルが出てくるので下にウェス(布)や、なにか容器などを用意して作業をおこなってください。


オイルが回らない場合、ストレーナーが汚れたオイルやゴミでドロドロになって詰まっているので、ウェスや柔らかいブラシなどで優しく清掃しましょう。

ストレーナーを外した場合はシールを巻きなおし、ついでにオイル交換しておくことをおすすめします!

洗浄前と洗浄後です。CR-Cやウエスなどを使い洗浄します。

分解方法はこちら↓

おわりに

ロータリーブロワーはメンテナンスが超重要!!

よくロータリーブロワーは費用が掛かるといわれますが、定期的なメンテナンスをしっかりおこなえばとても長く持ちます。

以上ロータリーブロワー維持管理の方法でした。

ABOUT ME
いなジョー
いなジョー
初めまして現役浄化槽管理士のいなかの浄化槽vlogです。 浄化槽の維持管理を10年以上しています。 お客様に日々の快適な日常生活と未来の人達にキレイな海、川、環境をよくしたいと思い日々仕事をしてます。子供は未来そのものです! 自分の知っているリアルな現場や、浄化槽のことを分かりやすく発信できればいいなと思っています。 これからこの業界で働く方や全く知らない方にも興味を持ってもらいたくて、このブログを開設しました。また、これを機に自分も振り返ることができるので、皆さんと一緒に成長したいと思っています。
私のおすすめ本
この本一冊で過去から現在までの処理方法や、本のタイトルにもあるような素朴な疑問、富士山のトイレ事情など、かなり幅広く書かれています。
私は10年以上、浄化槽業界に携わっていますが、この業界の方はもちろん、初心者の方にもすごく分かりやすく環境のことが書かれているのでとても勉強になる一冊でした。
kindleにもあるので興味ある方は是非読んで見て下さい。
楽天ブックス
¥792 (2022/08/12 12:27時点 | 楽天市場調べ)
浄化槽特化チャンネル
関連記事