浄化槽について

浄化槽関係者の方必見!全国の浄化槽管理士が行っている【危険予知活動】

維持管理を行っている方、KY活動のことを考えたことはありますか?

今回のテーマ

■ KY活動とは?

■ 一人では気付かなかったことが知れる

■ 他の方はどのようなことをされているか気になる

本記事では、全国の浄化槽管理士の方が行っているKY活動をまとめ解説しています。

一人でできることはもちろん、社員全員で見直し実行することで事故を起こす確率を減らすことが目的です。

最後まで読むと、今まで一人では考えていなかったことも知れると思うので、ぜひ最後まで読んで明日からの仕事に取り入れてみてください。

KY活動とは危険予知活動

KY活動とは危険予知活動のことです。

皆さんは通勤、勤務中、退社途中どの場面でも無意識に危険予知をおこなっていると思います。

危険予知は常に「考える習慣化をしておくことがとても効果的」です。

かもしれない運転や、だろう運転などが分かりすい例だと思います。

危険予知をしていたおかげで事故にならなかったという経験をされた方も多いんじゃないでしょうか?

スポンサーリンク



一人で考えられるKY数は限られる

あなたが思いつく危険予知を思い浮かべてみてください。

10個以上出てくるという方は、危険予知の習慣化ができているといえます。ですが、ほとんどの方は10個も思い付かないと思います。

これからKY活動を紹介していくのでぜひ参考にしてみてください。

車両移動時に行っているKY活動

 巻き込み防止

 歯止め、コーン設置

 狭い道、近道を避ける

 敷地内進入の際は最徐行

 交差点進入時、歩行者の確認

 マンホール、散水栓に載らない

 通学路は極力通らない(通る際は徐行)

 学校が休み、連休が多い日は特に注意

 バックモニターをあてにせず目視で確認

 2人で乗車しているときは声出しをする

 早め早めの行動を取り時間に余裕のある運転をする

 高低差のある場所に停車する際は、ローかバックに入れ確実なサイドブレーキを確認する

記事執筆中、、、まだまだ募集しています。気付きがあればせひ教えてください。

公式LINEはこちら

保守点検、作業時のKY活動

 薬剤などの飛散

 防虫剤による頭痛

 こまめな水分補給

 ヘルメットを着用する

 ハチやマムシに注意する

 花壇や蛇口を破損させない

 電動工具は手袋を着用する

 槽内への落下(踏み外しなど)

 動物に嚙まれないようにする

 消毒剤の吸引によるくしゃみ

 棒を使い足元を確認、確保する

 点検終了時は指差し呼称を行う

 雑草による、導線が不明確な場所

 ブロワー、ポンプの漏電による感電

 塩素剤がしっかり溶けているか確認

 鉄蓋、コンクリート蓋を持つ際にギックリ腰

 子供や動物の気配がある場合、必ず蓋をしめる

 ベルト駆動のブロワーは電源を落として点検する

 出窓など突起物に頭や体をぶつけないよう注意する

 マンホールを閉めた後、ガタガタしないか、段差がないか等の確認

清掃時に行うKY活動

 担体の誤吸引

 浄化槽内の破損

 配管、バルブの破損

 排出、吸引の操作ミス

 マスクの着用、汚泥の飛沫

 ホースが詰まらないよう気を付ける

 仕切りが割れないよう汲む量を調整する

 サクションホースの暴れによる建築物破損

 スカムを先に吸引し、ろ材の落下、目詰まりを防ぐ

ABOUT ME
いなジョー
いなジョー
初めまして現役浄化槽管理士のいなかの浄化槽vlogです。 浄化槽の維持管理を10年以上しています。 お客様に日々の快適な日常生活と未来の人達にキレイな海、川、環境をよくしたいと思い日々仕事をしてます。子供は未来そのものです! 自分の知っているリアルな現場や、浄化槽のことを分かりやすく発信できればいいなと思っています。 これからこの業界で働く方や全く知らない方にも興味を持ってもらいたくて、このブログを開設しました。また、これを機に自分も振り返ることができるので、皆さんと一緒に成長したいと思っています。
私のおすすめ本
この本一冊で過去から現在までの処理方法や、本のタイトルにもあるような素朴な疑問、富士山のトイレ事情など、かなり幅広く書かれています。
私は10年以上、浄化槽業界に携わっていますが、この業界の方はもちろん、初心者の方にもすごく分かりやすく環境のことが書かれているのでとても勉強になる一冊でした。
kindleにもあるので興味ある方は是非読んで見て下さい。
楽天ブックス
¥792 (2022/08/12 12:27時点 | 楽天市場調べ)
浄化槽特化チャンネル
関連記事