ブロワーについて

浄化槽【EcoMacブロワー】フィルター清掃方法!

ブロワーフィルターとはゴミが入るのを防ぐためのもの

ブロワーというのは浄化槽にとって「心臓部分」で、24時間空気を吸って吐き続けている機械です。

なぜフィルターがあるのかというと、小さなゴミやホコリを、吸い込み口から入ってくるのを防ぐためです。

浄化槽内にある散気管(配管)が、ゴミで詰まってしまうのを、防ぐ効果があります。

そのため、フィルターは必ず汚れが溜まるので、「定期的な清掃」が必要です。

もし詰まったまま放置してしまうと、ブロワーに圧が掛かり、内部で熱を持ったり、中のダイヤフラムや部品を傷めてしまいます。

出す風量が足りない場合、浄化槽がうまく機能しなくなり、浄化槽内部の配管まで詰まってしまう原因になります。

悪臭が出る原因にも繋がります。

大型ロータリーブロワーの維持管理解説はこちら

フィルター清掃方法

フィルターの清掃はとても簡単なので是非参考にして下さい。

まず上のカバーを外します。

かなり汚れを吸っていますね。

まずフィルターを外します。もし触った瞬間、フィルターがボロボロ崩れる状態であれば交換時期となります。

吸い込み口を棒で清掃します。棒は入ればなんでもOKです。

電源をOFFにしてから作業してください少し大きめのゴミがあると、吸い込み口に入り、散気管の詰まりの原因になります。

小さいクモなどがよくこの穴に挟まっています。

フィルターを元に戻しカバーをして作業終了です。

上のカバーは向きがあるので確かめてからはめてくださいね。

こちらは、私のおすすめ3選で第1位として紹介しているブロワーです。

おすすめブロワーの詳細記事はこちら

ABOUT ME
いなジョー
いなジョー
初めまして現役浄化槽管理士のいなかの浄化槽vlogです。 浄化槽の維持管理を10年以上しています。 お客様に日々の快適な日常生活と未来の人達にキレイな海、川、環境をよくしたいと思い日々仕事をしてます。子供は未来そのものです! 自分の知っているリアルな現場や、浄化槽のことを分かりやすく発信できればいいなと思っています。 これからこの業界で働く方や全く知らない方にも興味を持ってもらいたくて、このブログを開設しました。また、これを機に自分も振り返ることができるので、皆さんと一緒に成長したいと思っています。
私のおすすめ本
この本一冊で過去から現在までの処理方法や、本のタイトルにもあるような素朴な疑問、富士山のトイレ事情など、かなり幅広く書かれています。
私は10年以上、浄化槽業界に携わっていますが、この業界の方はもちろん、初心者の方にもすごく分かりやすく環境のことが書かれているのでとても勉強になる一冊でした。
kindleにもあるので興味ある方は是非読んで見て下さい。
楽天ブックス
¥792 (2022/08/12 12:27時点 | 楽天市場調べ)
浄化槽特化チャンネル
関連記事