浄化槽維持管理

【大型浄化槽維持管理】流れ解説!一般家庭の浄化槽維持管理とは大違い!

大型浄化槽維持管理解説!一般家庭浄化槽とは作業内容が異なります。

今回は大型浄化槽の維持管理風景を解説したいと思います。

一般家庭の維持管理風景を見ていない方はこちらも是非ご覧ください。

浄化槽の基礎知識についてはこちら

大型浄化槽は501人槽~

本日は大型浄化槽の維持管理風景を記事にしたいと思います。
皆さん、日本で「一番大きな浄化槽の人槽」は知っていますか?

正解は。。。関西国際空港で「現在は38500人槽で、最終的には77000人槽になる予定」と言われています。

いなジョー

大きすぎ~

関西国際空港の詳細はこちら

今回紹介する浄化槽は、501人槽以上なので「浄化槽技術管理者」という資格が必要になります。

この浄化槽技術管理者とは、501人槽以上の浄化槽を管理する場合に必ず置かなければなりません。

取得方法も、まず浄化槽管理士を取得しないと取れない資格となっています。
この「501人槽以上の部分はよく試験に出る」ので、試験を受けられる方は確実に覚えていて下さい。

浄化槽維持管理士取得のコツはこちら

水の流れを解説します。

 ばっ気沈砂槽

 スクリーン槽

 原水ポンプ槽

 調整ポンプ槽

 ばっ気槽

 沈殿槽

 消毒槽

 放流ポンプ槽


この他に汚泥を溜める槽がこちら

 汚泥濃縮槽

 貯留槽

ばっ気沈砂槽

一番最初に汚水が入ってくる槽です。

この槽は「砂やゴミを大まかに処理する槽」です。

かなりゴミが溜まるので定期的に清掃や網などでゴミを引き上げます。ありとあらゆるモノが流れ込んできます。

スクリーン槽

このベルトコンベアのような機械がグルグルと動き、大きなゴミが横のカゴに入るようになっています。カゴに入ったゴミも定期的に取り除きます。

大型浄化槽にはこのようなスクリーンがありますが、よく壊れています。

原因はほとんどが漏電で槽内は湿度が高く、古くなった線と線がショートして故障してしまいます。

原水ポンプ槽

原水ポンプ槽は、ばっ気沈砂槽から入ってきた汚水の流量を浮き玉(フロー)」で調整し、次の槽に移送する役目があります。

浄化槽は浄化するのにある程度の滞留時間が必要で、一旦この槽で受け止め、浮き玉が上がると次の槽に送るイメージです。

一番下の浮き玉が上がると待機状態、二番目が上がるとポンプが一台かかる、三番目が上がると二台同時運転となります。

さらに、四番目の浮き玉もあり、写真には写っていないのですが一番短い浮き玉で、そちらが上がると「満水状態となり警報」が鳴ります。

浮き玉、ポンプ共にとても大事な役割があるので管理の度に必ずチェックを行います。

特にこの浮き玉は消耗品で結構な頻度で故障するため、管理される方は必ずチェックしましょう。

原水ポンプは引き上げる場合ウィンチが必要なほど重いです。

吸い込むパワーも次に出てくる調整ポンプと比べると、かなり強力なポンプとなっています

原水ポンプはとても重たい!

調整ポンプ槽

原水ポンプ槽から入ってくる汚水をさらに流量調整するのが調整ポンプ槽で、簡易的に一旦受け止め、浮き玉(フロート)が上がると次の槽に移送する役目となっています。

調整ポンプは原水ポンプに比べて引き上げる際の重さは軽いのですが、吸い込むパワーが劣るため、簡単にゴミが詰まってしまいます。

ポンプに無理な力が掛かり過負荷になることがあります過負荷になるとブレーカーが飛び警報が鳴ります

なので、点検の際にはポンプ周りに詰まりそうなゴミが浮いていないかをチェックします。浮いている場合は網で引き上げます。

過負荷、サーマルについての詳細はこちら

担体流動ばっ気槽

ばっ気槽といえば空気を好む微生物、好気性微生物の槽です

調整ポンプ槽から計量マスに移送されます。計量マスは汚水の量を調整する箱です。

画像引用リンク

微生物

汚れをいっぱい食べて分解(きれいに)するぞ

ばっ気槽、好気性微生物の詳細はこちら

沈殿槽

少し見づらいですが、黒いネットの下に担体がたくさん入っており、処理された水が濾過(ろか)され越流堰(えつりゅうぜき)を超えて消毒槽に移送されます。

越流堰とは均等に放流するための堰。

このようなものが越流堰です。

担体についての詳細記事はこちら

消毒槽

矢印部分から沈殿槽で処理された水が消毒剤を通り、滅菌され放流ポンプ槽に流れていきます

薬の蓋は必ずしてください。塩素でチェッカープレートが錆びる原因になります。

放流ポンプ槽

滅菌消毒処理をした水を外に放流する槽です

この槽も原水ポンプ槽や調整ポンプ槽などと同じで浮き玉(フロート)が上がるとポンプがかかる仕様になっています。

汚泥濃縮槽、貯留槽

どこに汚泥を溜めるかというと、汚泥濃縮槽と貯留槽です

汚泥濃縮槽の清掃前と清掃後の写真です。

中間水を撥ねた後、清掃を行います。

中間水とは、底部汚泥とスカムの間にある中間の水のことで、この水を撥ねていないと引き抜く量が増えてしまい費用も増えてしまいます。

中間水を調整槽に返送することで引き抜く量を減らすことができます。

汚泥濃縮槽で濃くした汚泥を貯留槽に自動タイマーで移送し貯留していきます。

次に貯留槽の清掃前、清掃後をご覧下さい。

こちらの貯留槽も中間水を撥ねたあと清掃をおこないます。

キレイになりました。

バキュームカーの話はこちら

ここで問題!

浄化槽技術管理者に関する次の記述のうち、間違っているものはどれ?

(1)処理対象人員が501人以上の浄化槽には、技術管理者を置かなければならない。

(2)技術管理者は浄化槽技術管理者が任命する。

(3)技術管理者の設置義務違反に対して、罰則の規定がある。

(4)技術管理者は、大きな規模の浄化槽の保守点検を、自ら行う者の資格である。

正解は4番で、技術管理者は、保守点検、清掃に関する技術上の業務を担当するもので、実施者と言うよりも、同業務を統括する者としての役割があります。

おまけ

大型になるとロータリーブロワーかルーツブロワーになります。このブロワーの点検方法もいつか解説したいと思っています。

配電盤です。この盤で基本的に操作します。

この現場はそこまで新しくないのですが、最近のタイプはタッチパネルが多くなってきています。

いかがだったでしょうか?だいぶ端折ってはいますが、少しでも伝われば幸いです。

ABOUT ME
いなジョー
いなジョー
初めまして現役浄化槽管理士のいなかの浄化槽vlogです。 浄化槽の維持管理を10年以上しています。 お客様に日々の快適な日常生活と未来の人達にキレイな海、川、環境をよくしたいと思い日々仕事をしてます。子供は未来そのものです! 自分の知っているリアルな現場や、浄化槽のことを分かりやすく発信できればいいなと思っています。 これからこの業界で働く方や全く知らない方にも興味を持ってもらいたくて、このブログを開設しました。また、これを機に自分も振り返ることができるので、皆さんと一緒に成長したいと思っています。
私のおすすめ本
この本一冊で過去から現在までの処理方法や、本のタイトルにもあるような素朴な疑問、富士山のトイレ事情など、かなり幅広く書かれています。
私は10年以上、浄化槽業界に携わっていますが、この業界の方はもちろん、初心者の方にもすごく分かりやすく環境のことが書かれているのでとても勉強になる一冊でした。
kindleにもあるので興味ある方は是非読んで見て下さい。
楽天ブックス
¥792 (2022/08/12 12:27時点 | 楽天市場調べ)
浄化槽特化チャンネル
関連記事