浄化槽維持管理

【最新型】コンパクト浄化槽ダイキXH型維持管理方法解説!

最新のモアコンパクト浄化槽ダイキXH型を解説!

 処理方式は?

 ブロワーの風量は?総容量は?

 管理する時のポイント

こちらのモアコンパクト浄化槽は非常にシンプルかつ工夫もされていて、最近の中では推している浄化槽の一つです。

本記事では、ダイキXH型浄化槽を初心者の方が読むだけで分かるよう簡単にまとめて解説しています。

浄化槽の基礎知識についてはこちら

横向流夾雑物除去接触ろ床循環方式

処理方式は「横向流夾雑物接触ろ床循環方式」です。

特徴は嫌気ろ材が使用されていないことですね。

嫌気ろ材は、ガスが溜まりやすく定期的なガス抜きが必要でした。

ろ材落下、ろ材浮上といったこともなく清掃も楽にできるため、その辺はメリットになります。

ろ材とは?と思われた方はこちらで解説しています。

5人槽のブロワー風量は50ℓ

風量は以下の通り

 5人槽 50ℓ 消費電力28W

 7人槽 60ℓ 消費電力35W

 10人槽 80ℓ 消費電力51W

浄化槽がコンパクトになるとブロワーもコンパクトですね。

ブロワーは基本的に24時間運転しているので一日の電気代は約17円です。

(5人槽、東京電力で計算しています)

電気代の計算がしたい方はこちら

5人槽の総容量は1.600㎥

水の流れる順に容量を紹介します。

フローシート

 第1室 0.429㎥ 流入

 第2室 0.346㎥ ↓

 第3室 0.299㎥

 接触ろ床槽 0.364㎥

 処理水槽 0.141㎥

 消毒槽 0.021㎥ 放流

合計すると1.600㎥になります。

5人槽以外の総容量

 7人槽 2.199㎥

 10人槽 3.061㎥

管理ポイント

まず水の流れを番号順にしていきます。

1番に家庭で使用した生活排水が流れてきます。

水より重いゴミや食べカスは底部に沈殿します。

水より軽いゴミや油は上部に浮き、「スカム」と呼ばれる固まりが生成されます。

ダイキアクシスオリジナル横向流夾雑物除去

2番から3番に流れる際に、ダイキオリジナル「横向流夾雑物除去」が採用されています。

汚水の流れを蛇行させることによって、なるべくゆっくり水が流れる仕様となっているところが1番の特徴です。

ゆっくりと流れることにより、沈殿分離や安定した脱窒性能を発揮するよう作られています。

モアコンパクト浄化槽は使用頻度が多くなる場合、流量調整ポンプが設置されがちですがこの浄化槽に関してはとても試行錯誤されて作られているなという印象です。

槽内を詳しく見たい方はこちら

強み!1槽、2槽詰まりづらい!

接触ろ床槽、消毒槽

こちらもシンプルな接触ばっ気となってます。

ブロワーは一口なので管理の度に手動逆洗を行うタイプとなります。

透視度が悪い場合や負荷が高い場合、「常時逆洗を開けておく方法」もあります。

常時逆洗を開けることによって、ばっ気の風量がアップするので透視度が上がる現場もあります。

下の動画では逆洗の手順を解説しています。

逆洗の手順は、「赤のバルブを先に開けてから青のバルブ」を閉じます。

青のバルブを先に閉めてしまうと、ブロワー本体に圧力が掛かってしまい内部にあるダイヤフラムが故障する原因になります。

ダイヤフラムが故障すると、ニオイの原因や詰まりの原因に繋がります。

赤のバルブから先に開く!

ブロワーの記事はこちら

詰まったことはまだ無いのですがおそらく詰まる箇所は、「底部汚泥返送と処理水を揚水する箇所」です。

揚水しない場合はバルブを全開にします。

それでも解消しない場合は、水道ホースを使い揚水する箇所と汚泥返送の穴に入れて詰まりを解消してください。

揚水とは水を高い所にあげること!

まとめ

 清掃、管理がとても楽

 詰まりづらい浄化槽

まだ新しく設置台数がそれほど無いんですが設置している現場では問題なく正常に機能しています。

これから問題、詰まりポイントなどがあれば追記で更新もしていきます。

ABOUT ME
いなジョー
いなジョー
初めまして現役浄化槽管理士のいなかの浄化槽vlogです。 浄化槽の維持管理を10年以上しています。 お客様に日々の快適な日常生活と未来の人達にキレイな海、川、環境をよくしたいと思い日々仕事をしてます。子供は未来そのものです! 自分の知っているリアルな現場や、浄化槽のことを分かりやすく発信できればいいなと思っています。 これからこの業界で働く方や全く知らない方にも興味を持ってもらいたくて、このブログを開設しました。また、これを機に自分も振り返ることができるので、皆さんと一緒に成長していきたいと思っています。
私のおすすめ本
この本一冊で過去から現在までの処理方法や、本のタイトルにもあるような素朴な疑問、富士山のトイレ事情など、かなり幅広く書かれています。
私は10年以上、浄化槽業界に携わっていますが、この業界の方はもちろん、初心者の方にもすごく分かりやすく環境のことが書かれているのでとても勉強になる一冊でした。
kindleにもあるので興味ある方は是非読んで見て下さい。
楽天ブックス
¥792 (2022/08/12 12:27時点 | 楽天市場調べ)
浄化槽特化チャンネル
関連記事