浄化槽維持管理

【クボタ浄化槽HS-5P型】小規模合併浄化槽の処理方式や特徴を解説!

構造例示型クボタHS-5P型解説

 処理方式は?

 ブロワーの風量は?総容量は?

 管理ポイントは?

平成9年5月9日に認定された浄化槽ですがまだまだ現役で運転しています。

初心者が挫折してしまうケースで昔の浄化槽メーカー、型式を覚えるということは非常に多いと思います。

私も10年以上この業界で働いていますが、未だに知らない浄化槽がたくさんあります。

この記事を最後まで読むと、初心者の方でもHS-5P型が分かるよう簡単にまとめて解説しています。

浄化槽の基礎知識についてはこちら

嫌気濾床槽接触ばっ気方式

処理方式は「嫌気濾床接触ばっ気方式」です。

合併浄化槽と言えばこの型式、という王道の処理方式です。

1室、2室に嫌気ろ材が入っており、固形物と液体を分離した後、嫌気性微生物によって分解しています。

ばっ気槽には接触ろ材が入っていて、好気性微生物によって処理をおこなっています。

 嫌気性微生物=酸素を嫌う微生物

 好気性微生物=酸素が必要な微生物

5人槽のブロワー風量は60ℓ

風量は以下の通り

 5人槽 60ℓ

 6人槽 80ℓ

 7人槽 80ℓ

 8人槽 100ℓ

 10人槽 120ℓ

今運転しているブロワーはおそらく日東工器のLAブロワーが設置されていると思います。

昔の浄化槽は槽容量が大きいため風量が多いモノがほとんどです。

総容量は2.859㎥

維持管理要領書では2.859㎥となっていますが、私が撮影した写真だと2.862㎥以上と記載されていました。

誤差なので気にはならない量ではありますが。。。

いなジョー

知っている方がいれば教えて下さい。

水の流れる順に容量を紹介します。

 嫌気ろ床第1室 0.907㎥ 流入

 嫌気ろ床第2室 0.61㎥  ↓

 接触ばっ気槽 1.009㎥

 沈殿槽 0.308㎥

 消毒槽 0.025㎥     放流

合計すると2.859㎥になります。

5人槽以外の総容量

 6人槽 3,537㎥

 7人槽 4,268㎥

 8人槽 4957㎥

 10人槽 6.323㎥

管理する時のポイント

 1室、2室のガス抜き

 点検時の手動逆洗

 ブロワーフィルターの清掃

1室、2室は嫌気ろ床槽です。

嫌気ろ床槽ということは、ろ材が入っています。

ろ材ってなに?と思われた方はこちら

ガス抜きをおこなうことで詰まり解消、嫌気性微生物の活性化を促すことで処理能力を高めることができます。

ガス抜き動画はこちら。型式は違いますが同じ手法で対処可能です。

手動逆洗

最近の浄化槽ブロワーは自動で逆洗をおこなってくれるモノが多いですが、昔の浄化槽は「手動逆洗が主流」でした。

逆洗をおこなう時の目安

 接触材に生物膜が多く付着している時

 沈殿槽にスカムが生成しやすい時

 DOが低い時

 清掃前

逆洗をおこなう際は、逆洗バルブを開放してから散気バルブを閉じて、生物膜が剥がれるまで数分間おこないます。

散気バルブから閉じてしまうとブロワーに圧が掛かり、ブロワー内部のピストンやダイヤフラムの故障の原因に繋がります。

自動逆洗ブロワーの記事はこちら

まとめ

 嫌気ろ床槽接触ばっ気方式

 ブロワー風量60ℓ

 5人槽の総容量2.859㎥

 1室、2室のガス抜きは必須

 定期的な手動逆洗

なにか一つでも参考になれば幸いです。

ABOUT ME
いなジョー
いなジョー
初めまして現役浄化槽管理士のいなかの浄化槽vlogです。 浄化槽の維持管理を10年以上しています。 お客様に日々の快適な日常生活と未来の人達にキレイな海、川、環境をよくしたいと思い日々仕事をしてます。子供は未来そのものです! 自分の知っているリアルな現場や、浄化槽のことを分かりやすく発信できればいいなと思っています。 これからこの業界で働く方や全く知らない方にも興味を持ってもらいたくて、このブログを開設しました。また、これを機に自分も振り返ることができるので、皆さんと一緒に成長していきたいと思っています。
私のおすすめ本
この本一冊で過去から現在までの処理方法や、本のタイトルにもあるような素朴な疑問、富士山のトイレ事情など、かなり幅広く書かれています。
私は10年以上、浄化槽業界に携わっていますが、この業界の方はもちろん、初心者の方にもすごく分かりやすく環境のことが書かれているのでとても勉強になる一冊でした。
kindleにもあるので興味ある方は是非読んで見て下さい。
楽天ブックス
¥792 (2022/08/12 12:27時点 | 楽天市場調べ)
浄化槽特化チャンネル
関連記事