浄化槽維持管理

【ダイキXE-5型】コンパクト浄化槽紹介!維持管理ポイント解説!

ダイキXE型浄化槽5人槽の維持管理方法を丁寧に解説します!

この記事を見てわかること

 処理方式は?

 風量は?総容量は?

 管理ポイント、詰まり対処方法

浄化槽初心者が挫折してしまうケースで昔の浄化槽メーカー、型式を覚えるということは非常に多いと思います。

私も10年以上この業界で働いていますが未だに知らない浄化槽がたくさんあります。

少しでも情報を共有したいと思い記事に残しています。

この記事では初心者の方が読むだけでXE型が分かるよう簡単にまとめて解説しています。

浄化槽の基礎知識についてはこちら

固液分離型流量調整付担体流動循環方式

処理方式は「固液分離型流量調整付担体流動循環方式」です。

呪文のような処理方式ですよね。

紹介する浄化槽は「間欠定量移送装置」付きの浄化槽となっています。

間欠定量移送装置の役割とは、お風呂や台所、トイレの水を一度に流すと浄化槽に大量に流れていきますよね?

間欠定量移送装置によって、設定した水量しか次の槽に送らない仕様になっています。

理由は、一度に大量の水を使用した場合沈殿分離する時間が足りず、汚れが外に流出してしまうからです。

大量に流れてきた水を一旦槽内で受け止め、一定の量を移送しゆっくりと循環処理することによって、コンパクト型浄化槽のデメリットを打ち消しています。

ブロワーの風量は50ℓ

ダイキXE₋5型は50ℓです。

他の浄化槽と比べると風量が控えめで、電気代も削減出来る省エネ、二酸化炭素の排出も抑えれるためとてもエコです。

LWLの容量1.624㎥

・汚泥貯留部 1.071㎥   流入

・ピークカット部 0.098㎥ ↓

・担体流動槽 0.389㎥

・沈殿槽 0.145㎥

・消毒槽 0.021      放流

全てを引き抜くと1.724㎥なんですが、汚泥貯留部に脱窒に必要な汚泥を残す場合1.624㎥になります。

満水時は2.1㎥。

処理能力

・処理対象人員 5人

・日平均汚水量 1.0㎥/日

・放流水BOD 20mg/ℓ以下

・放流水SS 20mg/ℓ以下

・放流水T₋N 20mg/ℓ以下

間欠定量移送装置が引き上げにくい

間欠定量移送装置が正式名ですが、ここでは分かりやすく「ポンプ」と呼んでいきます。

ポンプで移送する量を調整し、一定の水量だけを次の槽に送る仕組みです。

いなジョー

しかしこのポンプよく詰まるんです。

最初にメーカーに伝えたいのはこのポンプは引き上げない前提なのか、かなり引き上げづらい仕様になっています。

矢印の右側のユニオンナットを回して取り外すのですが、長さがピッタリすぎて余裕が無く長年使用しているとパイプが折れてしまいます。

イマイチポイントですね。

これから何十年も管理していくので折れないように13のMCユニオン、パイプカッターで細工しています。

13のMCユニオンはかなりさまざまな浄化槽で使用できるので、管理される方は常に持っておくと便利です。
できれば写真で使用している短いユニオンがおすすめ。

ポンプを引き上げます。年月が経った配管は劣化して折れたりしてしまうので、適度な力加減で引き上げて下さい。

¥4,144 (2022/07/08 16:18時点 | Amazon調べ)

浄化槽清掃、間欠定量ポンプ清掃方法

バキュームカーでの清掃動画です!

ポンプの底に「逆止弁」があるので外して清掃を行います。

初めて逆止弁を開ける際は素手では開きません。

私はパイプレンチや、アンギラスを使用して開けています。マイナスドライバーでも可。

赤い〇の箇所と底の弁をブラシなどでキレイにします。

キレイに詰まりが解消されました。ポンプを元の位置に戻し、しっかり排出するかを確認して作業終了です。

一回だけじゃなく、何回か排出されるのを確認してください。

是非動画もご覧ください。逆止弁のいい例、悪い例を分かりやすく解説しています。

参考になれば幸いです。

逆止弁をキレイに清掃してもうまく排出されない場合、逆止弁が古くなっている証拠なのでメーカーから取り寄せて下さい。

消耗品なのでいずれ交換しないといけません。

弁を加工したりもできますが正規の方法ではないので、あまりおすすめはしません。

まとめ

固液分離型流量調整付担体流動循環方式

・風量は50ℓ、総容量1.624㎥

・間欠定量移送装置の清掃は必須

何か一つでも参考になれば幸いです。

ABOUT ME
いなジョー
いなジョー
初めまして現役浄化槽管理士のいなかの浄化槽vlogです。 浄化槽の維持管理を10年以上しています。 お客様に日々の快適な日常生活と未来の人達にキレイな海、川、環境をよくしたいと思い日々仕事をしてます。子供は未来そのものです! 自分の知っているリアルな現場や、浄化槽のことを分かりやすく発信できればいいなと思っています。 これからこの業界で働く方や全く知らない方にも興味を持ってもらいたくて、このブログを開設しました。また、これを機に自分も振り返ることができるので、皆さんと一緒に成長したいと思っています。
私のおすすめ本
この本一冊で過去から現在までの処理方法や、本のタイトルにもあるような素朴な疑問、富士山のトイレ事情など、かなり幅広く書かれています。
私は10年以上、浄化槽業界に携わっていますが、この業界の方はもちろん、初心者の方にもすごく分かりやすく環境のことが書かれているのでとても勉強になる一冊でした。
kindleにもあるので興味ある方は是非読んで見て下さい。
楽天ブックス
¥792 (2022/08/12 12:27時点 | 楽天市場調べ)
浄化槽特化チャンネル
関連記事