浄化槽維持管理

【アムズCXW-5型】超初心者向け!合併処理浄化槽解説!

初心者向け性能評価型アムズCXW–5型解説

 処理方式は?

 風量は?総容量は?

 管理ポイント、オイルボールが出来る原因

初心者が挫折してしまうケースで、昔の浄化槽メーカー、型式を覚えるということは非常に多いです。

平成19年10月18日に認定された、かなり昔の浄化槽です。

わたしも10年以上この業界で働いていますが、未だに知らない浄化槽がたくさんあります。

この記事を最後まで読むと、初心者の方でもCXW型が分かるよう簡単にまとめて解説しています。

浄化槽の基礎知識についてはこちら

前ばっ気型浮上濾過好気濾床方式

処理方式は、「前ばっ気型浮上濾過好気濾床方式」です。

特徴としては、前ばっ気と書いているだけあって1室目がばっ気していることです。

ばっ気とは空気を送って微生物の活性化、繁殖を促すことです。

入ってきた汚泥を撹拌し分解します。分解された汚泥は、浮上ろ過槽の底部に沈んでいき汚泥が溜まっていきます。

散気管がよく詰まる

好気濾床槽第1室は常時ばっ気しています。

しかし、トイレットペーパーの使用が多い現場や水量の使用頻度が多いと、散気管が詰まってしまいばっ気しなくなることがあります。

点検、清掃の際には必ず、ばっ気しているか詰まりかけていないかを確認してください。

詰まりの解消方法はこちらの動画で解説しています。

ブロワーの風量は60ℓ

5型の場合、ブロワーの風量は60ℓです。

ですが、ダイヤフラムが劣化してくると空気の出る量が少なくなります。

散気管に送られる空気の量が減ってしまうので、詰まりの原因、ニオイの原因に繋がります。

ダイヤフラムは消耗品なので弱まることを前提に、「一つ上の風量80ℓ」を付けておくことで空気量が安定します。

 使用が多い現場のおすすめ風量は80ℓ

 空気量が少ない場合、ダイヤフラム交換を行う

 定期的に散気管の詰まり除去を行う

総容量は1.792㎥

水が流れる順に容量を記載しています。

 好気濾床槽第1室 0.216㎥流入

 浮上濾過槽 1.011㎥   ↓

 好気濾床槽第2室 0.219㎥

 沈殿槽 0.324㎥

 消毒槽 0.022㎥    放流

全てを合計すると1.792㎥になります。

いなジョー

バキュームカー2トン車で丁度いいサイズですね。

余談ですが、「CXW-7人槽の総容量は2.496㎥、10人槽の総容量は3.655㎥」となっています。

管理する時のポイント

 第1室の散気管洗浄

 担体移流防止網をブラシで洗浄

 浮上濾過槽の逆洗

大体この3箇所が詰まります。

1室の散気管はユニオンを回すと簡単に取り外しが可能なので、散気管を引き上げ水道水を通したりブラシで洗浄してください。

底部に散気受けがあるので元に戻す際は、しっかり散気受けに戻しましょう。

参考 CXW型【5,7,10人槽】

担体移流防止網の洗浄方法

浮上濾過槽からの担体流出を防止するために網が設置しています。

網に生物膜や汚泥が詰まり水位上昇に繋がる原因にもなるので、保守点検の際にブラシで清掃を行いましょう。

浮上濾過槽は塩ビ管での逆洗が良い

浮上濾過槽は言葉の通り、上部で濾過をし、汚水をキレイに処理しています。

流れる水の流れは一定方向なので、濾過するたびに汚れが詰まっていきます。

この汚れを剥がすことを「逆洗」といいます。

バルブ調整だけでも逆洗はおこなえますが、おすすめの方法はコチラです。

写真のようにブロワーにホースを繋ぎ、濾過部を撹拌すると効率よく逆洗ができます。

オイルボールとは?油が酸化し固まったモノ

写真をみてもらえれば分かると思いますが、こちらがオイルボールです。

油の塊です。

料理で使用された油が浄化槽に流れ、油は空気や水に触れると酸化します。

酸化しやすい油、酸化しづらい油などもあるので興味ある方はこちらから是非ご覧ください。

1室目がばっ気していることや界面活性剤の影響で、オイルボールが生成されやすくなっています。

詳細はコチラ

処理能力

 処理対象人員:5人

 放流水BOD:20mg/L以下

 BOD除去率:90%以上

BODについてはこちらの記事で解説しています。

結論

 前ばっ気型浮上濾過好気濾床方式

 風量60ℓ、総容量1.792㎥

 1室の散気管清掃、浮上濾過槽の逆洗、担体移流防止網の清掃を行う

いかがだったでしょうか?

少しでも参考になれば幸いです。

ABOUT ME
いなジョー
いなジョー
初めまして現役浄化槽管理士のいなかの浄化槽vlogです。 浄化槽の維持管理を10年以上しています。 お客様に日々の快適な日常生活と未来の人達にキレイな海、川、環境をよくしたいと思い日々仕事をしてます。子供は未来そのものです! 自分の知っているリアルな現場や、浄化槽のことを分かりやすく発信できればいいなと思っています。 これからこの業界で働く方や全く知らない方にも興味を持ってもらいたくて、このブログを開設しました。また、これを機に自分も振り返ることができるので、皆さんと一緒に成長したいと思っています。
私のおすすめ本
この本一冊で過去から現在までの処理方法や、本のタイトルにもあるような素朴な疑問、富士山のトイレ事情など、かなり幅広く書かれています。
私は10年以上、浄化槽業界に携わっていますが、この業界の方はもちろん、初心者の方にもすごく分かりやすく環境のことが書かれているのでとても勉強になる一冊でした。
kindleにもあるので興味ある方は是非読んで見て下さい。
楽天ブックス
¥792 (2022/08/12 12:27時点 | 楽天市場調べ)
浄化槽特化チャンネル
関連記事